スマホで見る

もうひとつの「相続前に整理しておくべき問題」とは | 蒲郡市・幸田町の賃貸・賃貸管理のことならミニミニFC蒲郡店 丸七住宅株式会社

もうひとつの「相続前に整理しておくべき問題」とは



相続後に自宅を売るケースが増えている
日本全国の地域で「空き家問題」が取り上げられるようになって久しいですね。
ここでいう空き家は一戸建てを指すのですが、私たち不動産業者にもこうした空き家のご相談が寄せられることが多くなりました。この記事を読まれている大家さんは、お子様が同居されている方が多いと思いますが、一般的には親子同居の家族は少なくなっています。そして今は長寿社会ですから相続が起こるのが遅くなり、お子さんたちは既にそれぞれの持ち家があるため、そこを引き払ってご実家に住むというケースはかなり減ってるのです。
早めにご実家の建物を「将来どうするか」決めておけば良いのですが、ご両親が健在のうちは「もし2人とも亡くなったらこの建物をどうする?」ということは、仲良し親子であればあるほど想像したくない未来ですし、触れたくない話題です。そういった事情から多くのご家庭が、実際に相続が起こって初めて、空き家になってしまった実家について話し合いを行うことになるのです。これは一般家庭だけでなく、近い将来にあらゆるご家族にも起こる問題かもしれません。
こんなケースがありました。お父様が亡くなり自宅を取り壊して土地を売ろうとしたら、隣の年配の所有者と境界のことで揉めてしまいました。生前にお父様が話し合いの末に合意していた事項があったらしいのですが、息子さんの代になって「そんなことは知らない」と言い出したのです。そのせいで境界の確定が出来なくて価格が安くなってしまいました。これは親が生きている間に整理しておく問題だったようです。

大きな家は賃貸するのも簡単ではない
これは大家さんではなく一般家庭で見られる話しですが、「誰も住まないなら売るしかない」という判断を下す遺族がいる一方で、「思い出の残る実家を失いたくない」という意見が出ると、売却に踏み切りにくくなります。「それならば人に貸せないか?」という話しになるのですが、それも簡単ではありません。賃貸経営をされている皆さんならお分かりのことですが、いくら広い家でも、きちんとリフォームをしないと なかなか借り手がつきません。ライバルは広めのマンションや賃貸用に建てられた一戸建てやテラスハウスとなりますが、みな綺麗にリフォームされているので、勝負するためには古い壁紙や床材などを新しくしなければなりません。賃貸より豪華な設備が入っていることも多く、例えばキッチンにそのまま残すと客付けに影響しそうな使い込まれたガスオーブンや食器洗い機などがあると、撤去するのに結構な費用がかかってしまいます。結果としてかなり高額のお見積もりとなるため、賃貸に出す話が途中で頓挫してしまうこともあります。

相続後の話を家族でするのが難しい
そしてまた売る話が復活するのですが、売却益に税金がかかるため、試算すると思った以上に手元にお金が残らないことが分かります。実は相続した実家の売却時に譲渡所得が3,000万まで控除できる特例が出来ているのですが、適用するには解体して更地にするか、耐震基準をクリアしなければならず、ハードルが結構高いのです。
敷地が大きい場合は、購入する若い世代は大きな家を建てるお金がないので2つに分割したり、戸建て用地のニーズがあるなら建売業者に、あるいはアパート用地にと、買った人が何に使うかをイメージしてシミュレーションしておく必要もあります。
これらは相続のあとに「誰も住まない」ことが判明していないと始まらない議論なのですが、決めておかないとバタバタして遺産分割が難しくなるという現実もあります。
さらに一般家庭の場合は、どうするか結論が出ないまま空き家として放置されてしまうことが多くなっています。地域に空き家が増えるメカニズムはこういうことではないかと、私たち不動産業者は密かに思っているのです。将来には大家さん家族にも、「自宅をどうする」という問題が起こるのかもしれないと考えるとき、整理整頓しておくべき問題は家族で話し合って片付けておくことも大事だと思いました。

捨てがたい「想い出深い荷物」が溢れている
もうひとつ、必ずと言って良いほど大きな問題になるのが「家財の整理」です。
これを読まれている大家さんが、現在良いお子さんに恵まれて同居されているとしても、もっと安全に暮らしやすくするためにリフォームをしようとした場合に家財の整理が問題となります。大家さんのお宅に出入りさせて頂いていると、長年の暮らしでたくさんの「モノ」に囲まれて暮らしていらっしゃる方が少なくありません。せっかく大きなお家に住まわれているのに、お荷物が多すぎて生活スペースがとても狭くなっていたり、タンスの上などに物が積み上げられ、地震が来たりしたら危ないのではないかと心配になったりします。
親御さん世代にお聞きすると、着なくなった洋服、使っていない食器、お子さんたちが子供だった頃の道具などを片付けたい気持ちはあるけれど、「どうにも億劫で・・・」と異口同音に仰います。お子さん世代にお聞きすると、「両親の家財の整理をしたくても、亡くなった時の準備をするようでどうも言い出しにくい」とのこと。確かに親子間では話しにくい話題でもありますので、そういう場合は第三者としてプロを頼むと良いそうです。ハウスキーピングから派生した会社、生前整理の専門の会社などが多数あるようです。実際に業者を入れた大家さんのご自宅はとてもスッキリと整理され、大家さんのお顔も晴れ晴れされていると感じました。断捨離(だんしゃり)の効き目が心身にも出るのでしょうね。
大切なのは、親御さん世代がお元気なうちに、人生の後半の暮らしをより快適に暮らすための前向きな話し合いをご家族でしっかりしておくことだと思います。その延長で、将来的にご実家の建物をどうするか、家財の整理をどうするか、という話しも出来るのではないでしょうか。
お部屋を探す
賃貸契約の流れ
お部屋探し依頼

店舗紹介

店舗写真

ミニミニFC蒲郡店愛知県蒲郡市神明町8-10
オリビル1階
TEL:0120-07-1642
FAX:0533-67-8207
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週水曜日・木曜日

会社概要
アクセス
店舗写真

丸七住宅株式会社 幸田店愛知県額田郡幸田町大字深溝字以立山16-7
TEL:0120-07-1644
FAX:0564-62-1775
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週水曜日・木曜日

会社概要
アクセス
スマホはこちらから